病気と予防

代替療法(がんの治療)

代替医療(がんの治療)

 がん治療には外科手術、抗がん剤、放射線療法など標準的な治療法があります。当院で行っている代替療法 (高濃度ビタミンC点滴、オゾン療法、栄養療法、ホモトキシコロジーなど)は効果の認められているがんの標準的な治療法より優先的に行われることはありません。標準的治療が適応とされる場合は補助的に患者の全身状態を改善する目的で代替医療を行います。

しかし必ずしもがん患者全てに標準的治療を施せるわけではありません。飼い主様が手術や抗がん剤を希望されない場合や生活の質の向上(QOL)のために動物たちに少しでも苦痛の少ない対症療法の一つとして代替医療を施すこともあります。


代替療法(高濃度ビタミンC点滴療法 ①)

代替療法(高濃度ビタミンC点滴療法 ①)

 当院院長は点滴療法研究会iv-therapy.orgの高濃度ビタミンC点滴療法(以後IVC療法)認定医です。ヒトと同様海外から冷蔵空輸された防腐剤の入っていないマイラン社のビタミンC注射薬を使用しIVC療法を動物に対し行います。

(効果 抗がん作用) IVC療法は抗がん作用を示すことが研究で明らかにされています。静脈点滴することにより過酸化水素が発生しガン細胞に影響を与えますが正常細胞には影響を与えません。この点が抗がん剤と大きく異なる点です。またヒトでは抗がん剤、放射線療法との併用でその効果を上げ、副作用を少なくするとされています。実際に当院でもガンを持つ動物に対し抗がん剤とIVC療法を併用しその効果を経験しています。ただしIVC療法単独で腫瘍が小さくなったり腫瘍が消えたという経験はありません。

(効果 その他の作用) IVC療法は抗がん作用他に抗酸化作用(活性酸素から体を守る)、疲労回復効果、免疫力の向上(白血球の機能アップ)により感染症の予防効果があります。これらを合わせてガン発生予防効果があります。

(副作用および投与注意) ヒトの症例ではほとんど副作用のない安全な治療とされています。当院でもIVC療法を行ってきた動物で状態の悪化や死亡したケースはありません。

ただし以下の疾患、体質の動物にはIVC療法はできません。

1.重度の心不全  2.腎不全  3.G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある場合(検査で判ります)

また以下の症状、病態がある場合は慎重な投与が必要になります。

1.胸水・腹水の貯留  2.リンパ浮腫  3.頭蓋内腫瘍




代替療法(高濃度ビタミンC点滴療法 ②)

代替療法(高濃度ビタミンC点滴療法 ②)

(実際の治療)ガン患者の動物が高濃度ビタミンC点滴療法(以後IVC療法)が適応(可能)とされる場合の当院で行っている実際の治療の流れについてご説明します。

・初回はビタミンC濃度の低い点滴からはじめます。2回目、3回目と濃度を上げていきます。血液中のビタミンC濃度を点滴直後に測定し有効と思われる濃度に達するまで濃度を上げていきます。
・理想的には週に2回以上行いますが実際には週に1回のケースがほとんどです。
・1回の点滴にかかる時間は1時間から2時間かかります。通常半日のお預かりになります。
・次の点滴治療までの間はサプリメントタイプの(点滴療法研究会の奨めている)ビタミンCを投与しています。

(検査費用)(税別)
G6PD検査(血液)         10000円 初回または事前必須項目
ビタミンC血液中濃度測定   5000円 有効濃度に上がるまで

(高濃度ビタミンC点滴 体重別費用の目安)( 税別)
~  5kg 6000 ~ 6500円    
~10kg 6000 ~ 8000円     
~15kg 6000 ~ 9500円     
~20kg 6000 ~11000円      
~30kg 6500 ~15000円
~40kg 7000 ~18500円

*注意 費用に関しては2017年9月5日現在のもので変更することがありますのでご了承下さい。



代替療法(オゾン療法 ①)

代替療法(オゾン療法 ①)

オゾンガス発生装置により適正・安全な濃度のオゾンガス(O3)を生体に用います。

(生物学的効果について) 

1.赤血球代謝の活性化と酸素供給の改善
2.免疫細胞の活性化
3.生体の抗酸化物質の活性化
4.抗炎症作用
5.血小板抑制作用
6.神経内分泌の活性化
7.DNAの修復作用 
8.殺菌作用

(効果が期待できる疾患、症状)

・老齢性疾患(四肢の麻痺による歩行障害、起立不能、前庭傷害)
・皮膚疾患(感染性、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎)
・慢性腎不全
・椎間板疾患による四肢、後肢麻痺
・自己免疫疾患
・腫瘍性疾患(がんなど)

 ・その他慢性疾患

(副作用および投与注意)

・オゾンガスの直接吸引による肺機能障害
・出血傾向のある患者
・G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常を持つ動物
・甲状腺機能亢進症(治療をされていない)



代替療法(オゾン療法 ②)

代替療法(オゾン療法 ②)

(実際の治療と治療費用について) 実際の治療方法それにかかる費用は患者の状況により大きく異なります。日頃良く行われる治療ついてご説明します。
*費用は全て税別です


大量自己血液療法:患者から体重1kgあたり約1mlの血液を採血しオゾンガスと反応させ静脈に注射する方法です。
主にがん患者に
1週間に1回の割合で用います。
5000円~15000円/1回


少量自己血液療法:患者から0.5ml~1mlの血液を採血しオゾンガスと反応させ筋肉または皮下に注射します
主に皮膚疾患に1週間に2~3回から徐々に回数を減らしていきます。

2000円~3000円/1回


注腸法:オゾンガスをカテーテルを用い直接肛門から注入します。
腎不全、アンチエイジング、皮膚疾患、運動器疾患など全ての疾患に週に2~3回から徐々に回数を減らしていきます。
1500円~2000円/1回


皮下注射法:オゾンガスを直接皮下注射します。
主に椎間板疾患、運動器疾患に
1週間に2~3回から始め徐々に回数を減らしていきます。
1500円~2000円/1回


オゾン化オイル:オゾンガスで反応させたオリーブオイルを塗布します。主に皮膚疾患、外耳炎などに使用します。
3g入り940円、10g入り2550円